ハイヤーの魅力的ないくつかのポイント

ハイヤーというと、高級なタクシーという漠然としたイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。そのような括りは、必ずしも間違っているわけではありませんが、ハイヤーとタクシーとを比較すると、単に高級か高級でないかの違いだけではないことがわかってきます。ハイヤーの中には都市型と呼ばれるものも存在し、都市部とほかの地域で運行できる業者と分けられているものもあります。

タクシーとハイヤーとの違いですが、まずタクシーは交通機関のひとつとして、幅広いニーズに対応することが可能です。運賃はメーターが回ることで増えていきますから、走行距離プラス時間で計算されます。送迎を頼んだ場合は、そこに迎車回送料金が加算されることが多いです。一方で、ハイヤーは個別輸送機関として、すべて予約制となっているのが特徴で、街中を流しで走っていることはありません。運賃は、メーターではなく時間制運賃が採用されています。

車種についても、ハイヤーの場合移動中にゆったりと寛げることを大切にしているために、国内外のメーカー車が多く採用されていて、大型の乗用車が主流です。団体利用のためにミニバンやワゴンタイプなども用いられています。タクシーは、高級な車両よりも一般の小型車やタクシー専用車両、ハイブリッド車などが用いられ、車の塗装に会社名などが明記されている事が多いです。また、車のカラーでは、ハイヤーは全体的黒塗りのものがほとんどです。

サービスの質でも大きな違いがあります。タクシーはお客さんを目的地まで運ぶことに徹していますが、ハイヤーはいかに快適にお客さんを目的地まで連れていくことができるかを大切にしています。そのために、乗務員は勤続年数も一定以上の期間が求められていたり、勤務態度も良好であったり、その上で厳しい試験に合格しなければなりません。外国人客のために、英語を中心とした語学に通じている乗務員も多いです。それに対してタクシーは、基本的にはそういった厳しい試験などはありません。個人タクシーのように会社に属さずに、個人で申請して営業している人も大勢います。

ハイヤーはタクシーと比べると、様々な点で上回っていますが、だからといって利用した際の料金がタクシーよりも必ず高額になるというわけではありません。利用の仕方によっては、お得感があることも少なくなく、長距離の移動や目的によっては、ハイヤーは魅力的な乗り物とも言えます。