ハイヤーを利用する4つの理由

ハイヤーを利用する場面は大きく分けて4つあります。1つ目はスポット利用です。現地視察や営業先廻りなど、その都度利用したいときに依頼をするのがスポット利用です。シーンによって高級車を手配したり、移動する人数が多ければ、ジャンボタイプやミニバンタイプなどの車種を利用することができます。利用する人が少なければセダンタイプの車種を利用すれば、利用料金を抑えられるでしょう。

2つ目は送迎利用です。会社の幹部や大切なお客様を空港や駅から会社や宿泊先のホテルや利用する施設など、指定された場所まで送迎してくれます。送迎ならタクシーでも良いと考える人がいますが、ハイヤーを利用することで付加価値を付けることができます。タクシーは最低限のサービスを提供します。失礼の無いようにするためにも、送迎だけといってもハイヤーを利用すればお客様には満足してもらうことができ、会社の上司は不快な思いをさせずに済みます。

3つ目は専属契約で定期的に利用する方法です。対応が丁寧なドライバーと車両を提供してもらい、事前に契約をして役員車や社用車として利用することができるサービスです。決められたドライバーと指定された車両なので、環境が変わらずに安心して利用することができます。会社で公用車を所有しているのであれば、ドライバーだけを派遣してくれるサービスもありますが、ハイヤー専用の高級車を所有しているサービス会社も多くなっています。せっかく利用するなら、セットで専属契約をすることをおすすめします。

4つ目は、観光利用です。都会であれば交通手段が選べますが、地方に行くと移動するにも距離があったり乗継ぎがうまく行かなかったりすることがあるので、待ち時間などが多いと時間の無駄になってしまいます。その都度タクシーを確保するのも大変なので、貸切の感覚でハイヤーを利用すると、移動手段の余計なことを考えることなく自分たちのペースで観光を楽しむことができます。ハイヤーのドライバーはタクシーの運転手以上に観光地の知識やノウハウが豊富なので、ガイドを受けながら移動時間も無駄なく楽しむことができます。ガイドブックには掲載されていないような、ディープでマニアックな話を聞けるのもハイヤーを手配するからこそで、思っている以上に旅行が楽しくなります。せっかく旅行を楽しむなら、余計なことを考えたり、移動で疲れたりせず、ハイヤーを利用して無駄なく観光を楽しむことをおすすめします。